私の家では、代々和菓子店を営んでいます。

お店を経営していく上で、レジスターは必須だと思います。

私のお店でもレジスターを使用しているのですが、いつもリースで入れ替え入れ替えで使っていました。

通常リースは月々の定額で何年間支払う、というものですが、私のところではその「何年間」の支払い、リースが終わったあとに再リースという一年に一回の支払いを続けて使用し続けていました。

私は代々レジスターをそのように使用していたのでそれが普通だと思っていたのですが、あるときレジスターの営業マンに言われたのが、再リースで使用していると、本来払うべきレジスターの料金以上のものを支払っているからもったいないのでは、とのことでした。

よくよく話を聞いてみると、リースは月額×年数が機械代の総額なので、再リースは契約した機械代以上のものを支払っていることになりますし、リースが終わったころは耐用年数も過ぎていて古いレジスターになりますので、わざわざ古いものにお金をかけるよりかは、新しいレジスターの方にお金をかけた方が良いのでは、と教えてもらいました。

レジスターは長年お店をやっていれば、何回か交換する機会があると思います。

その中でかしこく切り替えて行ければと思います。